表現 の 不 自由 展 少女 像。 日韓の架け橋の「表現の不便さ」/「少女像」を振り返る/彫刻家キム・ソギョン、キム・ウンソンについて語る

「平和な少女の像」展の中止を求めた。名古屋市長、川村隆氏が愛知トリエンナーレを検討ハフポスト

話題が強いとき、3つのことが起こります 愛知トリエンナーレ。 私たちは抗議しています。 予算に関するソーシャルメディアへの言説と反応 8月3日ごろから、少女像を展示する特別展が中止になったときから、「特別展」の予算は「10億円」との報道が出ている。 これに対し津田氏は「ツイッターを見ると冷静に議論できる立場にはないが、表現の自由についてはみんなに考えてもらいたい」と語った。 私はこのように感じました。 彼はある種の火事を予測し、訪問者が彼の作品の写真やビデオをソーシャルネットワークに投稿することを禁じているようです。 また、津田所長は、プロジェクトを公開する前に、リスクを含め、都道府県や関係機関の代表と協議・合意することに多くの時間を費やした。

Next

慰安婦のイメージは「表現の自由」の問題ではありません

受け取った情報は他の人と共有するので、すぐに広がります。 」 金井氏はまた、観客が理解するためには、グループの説明だけでなく、ディスカッションなどのイベントも共催され、ガイド付きツアーが行われるべきであると述べた。 表現が自由になれないことが証明された気がします。 「表現の自由は「公共の善」に依存することは一般に認められており、もちろん公序良俗に反する展示には問題があります。 「この展覧会には節度と常識があったとは思わない」 私は言った。 通信の秘密はこれに違反してはなりません。

Next

「話す」はその話題を失う。

幸いにも、記者は最後のショットに入ることができ、表現障害のある人の展示会を高く評価することができました。 一方、彼は次のようにも付け加えました。 世界の思いが広まることを願っています。 2検閲官はこれを行うべきではありません。 現代の日本社会における「自己表現の不便さ」の程度を表すシンボルだと感じています。 私たちは公共施設に公的資金を投資したため、政治的内容を含むプロジェクトをより綿密に研究する必要がありました。

Next

県と実行委員会の合意により「世界の少女の像」を削除する可能性。津田氏:「これを批判する人に見てほしい」

します。 それは売られ、記録は焼かれました。 私は聞いた。 しかし、それは知事自らが任命した委員会が責任を果たしているとは思えない。 メディアによる情報の独占が失われ、話題になった問題が明らかになった。 私はしたいと思います。 肘掛け椅子に座っている女の子は、快適さを表す女性を象徴し、彼女の隣には、誰も座っていない別の椅子があります。

Next

アートノート

おそらく何かを引き付けますが、それは視聴者の想像力に正確に依存します。 」(日本ペンクラブ) 内容は憲法21条に基づいて強調されています。 ただ、この社会現象が海外でどのように報道されているのか、海外の人はどう反応しているのか。 同様の議論が米国でも行われました。 提出済み。 像を描いてみましょう。 そのため、通常どおりリンクのみを埋め込むのをやめます。

Next

「不便展示の表現」問題とは?レビューパネルの第2回会議を聞く(江川紗子)

朝日新聞は、このような大きなページを使用して、30年以上も続いている慰安婦問題についての大きな誤った情報については触れていませんでした。 静かに座っている本物の女の子がいます。 小泉さんにツアー前の感想を聞いたところ「いいですね。 問題は、アートディレクターがプロジェクトを完了できなかったことです。 北海道と東北•• そのなかで、特別展「不便な表情の展示」では、女性の安らぎの問題を象徴する少女のイメージをめぐるディスカッションが繰り広げられました。 この場合の最も責任があるのはこの展覧会を承認した行政であることを覚えておくことは重要です。

Next